ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの導入を検討している人はたくさんあるウォーターサーバーのなかで何を基準に選んでいいのか分からない人もいると思います。そこで管理人が選ぶときの基準をご紹介したいと思います。導入を考えている人は参考にして頂ければ幸いです。

まず、管理人は水について考えてみます。水もウォーターサーバーにより商品が変わってきます。ミネラルなどの成分も考慮して選びます。次に価格です。毎日、長期間利用したいウォーターサーバーなので、経済的なものを選びたいものです。サーバーのレンタル代金も無料から1000円程度のものまでありますが、それ以上に水そのものの価格にも目を向けて選びたいものです。天然水比較はこちらで詳しく行っていますのでご覧ください

(参照:水の価格と成分を比較する

そして、設置場所の検討です。サーバーは35cm×35cmほどのスペースが必要になってきます。高さも卓上サイズの60cm程度と一般的な110cm近くになります。これを普段使用しやすい場所に設置する必要があるのでよく考える必要があります。ただし、ウォーターサーバーの大きさは各社そんなに差がありませんのでこれによりウォーターサーバーを選ぶことにはあまりならないと思いますが、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

そして忘れてはならないのがウォーターサーバーのメンテナンスです。普段口に含む水を取り扱う商品なので衛生面に気を使う必要があります。サーバーによって定期的にメンテナンスが必要なもの、フィルター使い捨てタイプのメンテナンスが必要のないものなど分かれます。また、メンテナンスは各社サービス内容、料金は違ってきますのでしっかりと確認しておく必要があります。この項目は各社大きく差が出ていますので導入を検討する際は必ずチェックしておいてください。

最後に、ウォーターサーバーのデザインです。ウォーターサーバーは設置場所でも少し触れましたが、そこそこの大きさがあります。インテリアとしても景観を損ねないデザインとして検討してみたいものです。以上が管理人がウォーターサーバーを選ぶ際に基準にした項目です。少なくとも上記の項目さえしっかりとチェックしておけばより良いウォーターサーバーを選択できると思います。参考にして頂ければ幸いです。

[家族がいないとウォーターサーバーを使えないのか?]
一人暮らしをしているのですが、そろそろ経済的にも市販のペットボトルよりも安い飲み物を買っていきたいと思っています。自由に使えるお金が少しは多くあるのですが、将来のためにも節約していきたいのです。そんな中見つけてしまったのがウォーターサーバーです。健康的な水を飲むことができますし、価格も計算していくと、市販のペットボトルを買うよりも安上がりなのです。

検討をしていきますが、以前家族を持っている友人から聞いた話があります。それは業者の購入ノルマというものです。これは注意しないと教えてくれました。これは業者が、契約した際に月にどのくらい購入しなくてはならないか決めてくるというものです。この時買う側は最低限の量を購入し続けないといけないのです。例えば週にボトル2本分、10リットルほどの水を購入するとなった場合は、毎月数十リットルの水を抱えないといけなくなるのです。

これは家に起ききれない事態もあります。家庭を持っている方は消費も早くなるかと思いますが、一人暮らしの方にとっては重荷になってしまうでしょう。そして配送日もしっかりと押さえておいたほうがいいということです。これは水の入ったボトルは注文してから時間が少しかかってしまうのです。配送される時間帯を注意しないと留守中に届いてしまうこともあります。特に仕事で平日は家を空けることが多いという方は週末の配送ができることを確認しておきましょう。これさえ注意しておけば経済的に楽になるかもしれません。契約内容を慎重に選んでいきましょう。

ウォーターサーバーを選ぶポイント

ウォーターサーバーの検討を考えているのなら徹底的に調べて最良のウォーターサーバーを設置したいものです。当然水は口にするものなのですから調べすぎて損することはありません。大まかにウォーターサーバーを選ぶポイントは大きく分けると、経済面、衛生・安全面でしょう。そして細かく見れば水そのもののミネラル成分や環境面、労力面も含まれると思います。もちろんウォーターサーバー自体の大きさによる収納性も考慮することでしょう。そこで徹底的にウォーターサーバーを調べて選ぶためのポイントをご紹介していきたいと思います。

【衛生・安全面】
安心でおいしい水を飲むためにウォーターサーバーを検討していると思いますが、ウォーターサーバーだからと言って安心するのは早計です。ウォーターサーバー自体に細菌が混入、付着していた場合、衛生面はアウトです。定期的な点検、交換が必要ですし、メンテナンスがしっかりとしたウォーターサーバーを選ばなくてはなりません。もちろんウォーターサーバー自体の作りも、菌などの混入を防ぐ仕組みのものを選ばなくてはなりません。メンテナンス不要のウォーターサーバーが存在しない以上、その点も注意が必要です。

また安全面では水を入れるポリ容器なども有害物質が含まれているものを使用しているウォーターサーバーもあると聞きます。その疑いがあるものは避けなければなりません。

一般的なウォーターサーバーは12リットルほどの水とサーバー本体の重量で20kg近くにもなります。転倒させたときの危険性は非常に高いものとなります。また重量も上部に重たくなる水を載せているのですから決してバランスの良い構造とは言えません。地震大国日本なのですからサーバー自体の安定性も考慮する必要があります。ウォーターサーバーは電気を使用します。水を扱うものなので水漏れによる漏電などの事故が起こらないとも限りません。そうした面でも安心できるメーカーを選ぶ必要があります

小さなお子さんがいる家庭ではウォーターサーバーの熱湯は80度以上にもなります。便利なのですが不用意に置いていては事故につながる可能性だって考えられます。そういう家庭ではチャイルドロック付きのサーバーを選びたいものです。このようにウォーターサーバーを選ぶ際には安全性や衛生面にも考慮して選んでみてください

【経済面】
安心でおいしい水を飲むためにウォーターサーバーを検討していると思いますが、薬のように安心でおいしい水を一回飲めば良いものではありません。継続的にその水を利用してこそ価値があるものだと思いますそして継続させるためにはやはり財布に優しくなくてはなかなか難しくなってきてしまいます。ウォーターサーバーには様々な種類の金額がかかりますのでそれをすべて理解してから慎重に検討して頂きたいと思っております。

まず分かりやすいところから、ウォーターサーバーのレンタル料金です。無料から1000円、2000円程度が一般的です。そしてミネラルウォーター自体の価格です。これは10リットル800円から1500円が一般的です。また水の配送料も必要なことがありますので忘れずにチェックしなければなりません。

以上が分かりやすい価格ですが、そのほかにもサーバーを機能させるために電気代も考えなければなりません。一般的に月に100円程度ですのでそこまで大きな出費にはならないと思いますが長期的に考えれば変わってきますので、比較対象の一つに挙げられます。

そして、忘れがちなのがメンテナンス料金です。これは無料から1万円と幅が広いのでしっかりと確認しなければなりません。安全で安心できる水を飲むためにウォーターサーバーは必ずメンテナンスを必要とします。しっかりとチェック項目に入れる必要があります。ウォーターサーバーを選ぶ基準の一つに価格を盛り込む人は少なくないと思います。目立つ金額だけでなく、総合的な価格で賢く判断して頂きたく思います。

【スペース・便利さ】
ウォーターサーバー導入の検討をする理由で安心でおいしい水を飲むという大前提があるものの便利だという理由で検討する人も少なくないと思います。もちろん利用の仕方によってはウォーターサーバーはかなり便利になると思います。そこでできるだけ便利に活用するためのウォーターサーバーを選ぶ必要があります。そのためには便利な場所に設置する必要があります。そこで問題になってくるのはスペースです。ウォーターサーバーが便利な場所におけるかどうかを事前にチェックしておく必要があります。

また、空のボトルやストックする水が入った新しいボトルを保管するスペースも考える必要があります。ウォーターサーバーの利点の一つに重たい水が宅配されてくるので便利という大きな利点がありますが、ロングのウォーターサーバーは顔の位置まで10kg程の水を載せる必要があります。卓上でも卓上に置けばそれぐらいの位置になると思います。その作業も忘れないでください。

つまりボトルの大きさも考えておく必要があるということです。オフィスなど多人数で使用する使用頻度の高い場合、水の交換回数を軽減するために大きめの20リットル入るボトルを選択することや、女性やお年寄りしかいない家庭では交換する際の労力を考えて小さめのボトルを選択するなど環境によってベストなサイズがあると思います。便利なウォーターサーバーを最大限便利に活用するため、便利なウォーターサーバーをしっかりと考えて導入することをお勧めします。

【環境面】
最後にウォーターサーバーを選ぶ基準に是非とも環境面も考慮して頂きたいと思います。おいしい水は環境の良い場所で生まれます。その環境は私たちで守る必要があるのです。と当たり前のことを言ったあとは、そもそもおいしい水が自然豊かな所で作られるのは事実です。そしてその恩恵を受けているウォーターサーバー取扱会社が環境への配慮がないということは、それはおいしい水を提供するという理念がまったく無いとも取れます。

ボトル回収はもちろん、それを配送する段ボールさえ配慮したウォーターサーバー取扱会社を選ぶことは、環境の良いところでおいしい水を採取して、おいしい水を提供したいという表れだと思います。おもいっきり地球環境と連動するミネラルウォーターを扱う会社なのですから、一般企業よりも敏感に反応していなければならないと思いますし、おいしい水を提供しようという気持ちがあればいやでも慎重にならざる得ない項目だと思います。

ウォーターサーバーは消費電気量などもポット等にくらべ非常に少なくそれ自体が環境に良いのですが、ウォーターサーバー取扱会社を環境面から選択しても結果的により良いウォーターサーバーが選択できると思います。ウォーターサーバーを比較する際に頭の片隅でなく前面に出して比較材料の一つとして考えて頂きたいと思います。

オススメのウォーターサーバーはこれだ!

ウォーターサーバー導入を検討するにあたり、それぞれの特徴を理解した上で考える必要があります。どれも似たり寄ったりと思っていてはより良いウォーターサーバーを選択することができません。

それぞれのウォーターサーバーには良い点、悪い点もあると思います。ここではおすすめのウォーターサーバーランキング形式でご紹介していきたいと思います。導入を検討の際はぜひ、参考にしてみてください。


ミネラルウォーターの料金で選ぶならこれ!
ミネラルウォーターの価格順にランキングされています。価格の高い水を求めている人もできるだけ安くて安心できる水を求めている人は参考にしてみてください。ウォーターサーバーはミネラルウォーターのためのものです。その主役の価格を基準にしています。


見た目で選ぶならこれ!
ウォーターサーバーが実際に家に運ばれてきたとき、結構な大きさだなという印象を受けます。もちろんサイズなどはあらかじめ計っているので想像はしていたのですが、部屋のなかのイメージがガラッと変わるぐらいの存在感です。部屋のイメージが大きく変わるのですから、部屋に合ったオシャレなウォーターサーバーを選びたいという人は下記のウォーターサーバーを検討してみてください。


バナジウムで選ぶならこれ!
ミネラルウォーターのバナジウム含有量のランキングです。当サイトを運営していてもバナジウム人気を感じ取ることができます。バナジウムを中心にウォーターサーバーを選んでいる人は参考にしてみてください。


総合的な人気で選ぶならこれ!
ウォーターサーバー比較探検隊のなかで注文が多数寄せられた人気のウォーターサーバーをご紹介します。人気があるには訳がある!という視点で選ぶならこちらのウォーターサーバーをお勧めします。