ミネラルウォーターについて

おいしい水を飲もう!

幸いにもこの日本では水道の蛇口を開ければ安全な水が出てきます。水道水の基準が高い日本では安全という面では水道水でもまったく問題がないと思います。しかしそれは水道局の努力と薬品という手法を使っている賜物です。水道水を飲んで身の危険を感じた事はないと思いますが、水という無味無臭の飲み物で味を判断するのははっきり言って難しいです。余程の舌を持っていない限り水のテイスティングは難しいのではないでしょうか?

そう考えれば感じることができないミネラルなど科学的数値よりも採水場所のイメージのほうが大きいのではないでしょうか?いくら完全に濾過されているとは言え、工場の横の水を飲むのと、人が立ち入らない山奥の清らかな湧水、どちらを飲みたいか?という点が大きいのではないでしょうか?

当然、だれしもが後者の清らかな水を飲みたいはずです。その水が送られてくるのですからありがたい話です。よく考えればそんな水は貴重だと思いませんか?あなたの家のまわりの環境はどうですか?都会や工業地帯に住んでいるのならイメージ的ですがおいしい水を飲めるというだけでどれだけ価値があるのか水について考えなければ日頃、何も思わないのではないでしょか?

私自身、正直、水道からでた水と大自然から抽出したミネラルウォーターを口のなかで判断する味覚を持ち合わせておりません。しかしながらやっぱりミネラルウォーターのほうがおいしいと感じるのはイメージが大きいと思っております。人間に限らず生きているものすべてが無くてはならない水、私は慎重に選びたいと思っております。

どっちの水が飲みたい?

どれぐらい水を飲んでいますか?

水がなければ生きていけない事を今更説明する必要はありませんが人体の約6、70%以上は水分でできているそうです。若ければ若いほど多いそうですがこの水分が10%失うだけで命にかかわり、20%ともなれば死にいたるぐらい重要な事を再認識して、1日に2.5リットルの水が体内から出入りしています。つまり直接水を飲むだけではありませんが1日に2.5リットルの水分が人体には必要だと言う事なのです。これは365日変わりません。そんな重要な水だからこそこだわる必要もあると思っております。

ではココで質問です。実際にはあなたは水を毎日どれぐらい飲んでいますか?ジュースやコーヒー、ビールで水分を補給していませんか?そういう管理人もウォーターサーバー導入前までは、ほぼ毎日コーヒーやビールでしか水分を補給していませんでした。それが体に良いはずがありません。ウォーターサーバー導入してからも確かにコーヒーやビールも口にしています。しかし、ウォーターサーバー導入以来、明らかにその割合は減ったことは確かです

机の前に座っている時、常に横にあったコーヒーがかなりの割合で水に変わっています。そういう今も水を飲みながらパソコンの前に座っているのです。健康面から言えば間違いなく良いと思います。1日単位でも相当の量の水分を口にしています。これが一か月、一年、十年ともなれば膨大の量です。それを改善するかどうかはあなた次第ですが、ウォーターサーバー導入でコーヒーやビールの量が少しでも減るのなら検討してみる価値は十分あると思います

目覚めの一杯は水がいい!

人間は寝ている間に水分を放出していますので起きたらできるだけ早く水分を補給したほうが良いそうです。そこで前々から検討していた寝室にもウォーターサーバーを導入することになりました。目を覚ますためにはコーヒーが必要と思っていた管理人ですが、目覚めの最初の一杯は水がおいしいです。なんだか一日が爽快になりそうな予感がなぜかするのです。眠たい目をこすりながらコーヒーを飲んでいたときとは明らかに違うライフスタイルに驚きを隠せません。

ただし、管理人は目覚めのコーヒーも必要でそのあとにはウォーターサーバーの温水で作ったコーヒーも飲んでいます。ただ、起きた直後の水を是非とも試してみてほしいです。これはウォーターサーバーでなくてもペットボトルの水でもなんでも良いと思います。起きて最初に飲む水分がコーヒーだと言う人も一度試してみてください。気持も健康的になること間違いなしです。さらにグリーグのクラッシックを聞けば完璧です。

喉が乾いたら何に手を出す?

当たり前ですが生きている以上、喉が渇きます。さて、そこであなたは冷蔵庫から何を取り出しますか?常にミネラルウォーターやお茶が冷蔵庫に常備されていますか?ジュースやビールに手が伸びがちではないですか?のどが渇くたんびにジュースやビールに手を出していたのでは健康にも悪いし、太る原因にもなってしまいます。だからと言ってミネラルウォーターやお茶を常に冷蔵庫に入れておかなければならないのも面倒です。

お子さんがいらっしゃる家庭ではのどが渇いたからと言ってジュースばかり飲んじゃっていませんか?「お茶を飲みなさい!」といっても納得いかない顔をされていませんか?ウォーターサーバーならその見た目からおいしいと感じさせてくれるので意外に子供にも好評だったりするんです。のどが渇いて極力ジュースやビールで喉を潤す回数をウォーターサーバーを利用して減らしてみませんか?

常に冷たい(熱い)ミネラルウォーターがあなたの健康に一役買ってくれるかもしれません。実際に管理人もコーヒーやジュース、ビールの回数が減ったのもこのウォーターサーバーのおかげでもあるのです。気付けばのどが乾けばコップを持ってウォーターサーバーの前に立っています。

水は本当ににおいしいの?

ウォーターサーバーやペットボトルのミネラルウォーターは本当においしいの?という疑問があります。水道水に比べて本当においしいのか?特別、味音痴という訳でもないと思いますが私個人的には実際にはわからないのが正直な話です。たしかにウォーターサーバーから出される水を飲むとおいしいと感じます。しかし、冷静に考えれば冷たいからではないか?という疑問を持ちました。あくまで科学的な方法でなく実感としてですが、水道水もペットボトルに入れて冷やせば正直おいしいとも思ったのです。

よほどカルキ臭いとか鉄くさいという水道水なら違いは明らかですが、幸い管理人の住む場所は水道水の水もさほど、まずくないのです。確かに都会の友人の家に行ったときの水は私もさすがに不味いと分かりましたが・・・。そんな人にはおいしいよと勧められますが、管理人のような水道水が不味くない地域ではよほどの舌をもってなければ冷やせば同じのような気がします。

価格から言えば水道水は1リットル20銭以下ミネラルウォーターともなれば安くても70円程度します。価格はなんと350倍以上もする超高級品なのです。あくまで味だけで考えた場合、地域にもよりますが正直そんなに変わらないのではという疑問も持っていることは確かです。ただし、水道水には間違いなく塩素が含まれており錆があるかもしれない水道管を通ってきていることは間違いありません。決して水道水を推奨している訳ではありませんのでお間違いなく・・・。

水道水って本当に安全なの?

水道水は安全か安全でないのかは良く議論されています。もちろん飲んだすぐにどうかなるという危険なものではない事は確かです。しかし、消毒のために塩素を使ったり体にとってよくないものも使用していることは事実です。もちろん基準値というものがあり、それを超えていないレベルですが、そもそも体に良くないものならたとえ基準値内であっても体に入れたくないというのが本心です。

また、恐ろしい事に水道水を沸かすとトリハロメタンというものが作られてしまうそうです。これは発がん物質で塩素濃度とガン死亡者数の増減が一致している研究結果も報告されています。もちろん安全性で言えば高い水道水ですが水という毎日の生活で欠かせないものです。基準値内であっても毎日口にするものであり塵も積もれば・・・水道水の安全性も疑うに越したことがないように思います。

水道水を以前は使っていました。どこの家庭でも同じことですが、近年の水質汚染が気になっていて時折煮沸を必要以上にしていたこともあります。周りも最近では有害な物質が水に入っているのではないか不安に駆られる人が多いようです。特に2011年の大震災以降、原発から流れ出た汚染物質が入ってこないか不安を持っているようなのです。そんな中出会ったのがウォーターサーバーが自宅に入れることができるというものです。

ウォーターサーバーは常に新鮮な水を購入することになりますが、安全で美味しいお水を飲ませることができるということを知りました値段もペットボトルで買うと簡単に数千円いってしまうのですが、まとめ買いで1000円ほどと安いので経済的にも活用していくことができます。しかも業者が持ってくる水は常に密閉された状態になっています。これによって有害物質が入っているということがほとんどないのです。

ただどうしてもウォーターサーバーを置く場所がないと嘆いている方は、近年浄水器を使っている方が多いです。ただ浄水器を通す水は水道水であり、その水に含まれる化合物などを除去するには限界があります。純粋に無害の水を飲むのであればウォーターサーバーの水がいいのです。

子供がいる家庭ではとにかく有害な物質の入っているお水は飲ませたくありません。綺麗で美味しいお水を何とか確保させてやりたいと思っている方も多いかと思いますが、そのような方がウォーターサーバーを活用しています。

日本の採水地を確認しておこう

ウォーターサーバーのミネラルウォーターを採水地で分けてみました。現在、ウォーターサーバーで採用されている天然水の採水地は4か所に集中しています。富士山と京都、島根、大分の天然水が多いですが、中には三重県宮川の天然水や知床羅臼町阿蘇山近辺なども採用しているウォーターサーバーがあります。

それぞれの土地によってミネラルバランスが大きく異なりますので味も違ったものになるかと思いますがそれぞれが水所なので美味しい天然水を味わえると思います。

採水地


設置後はよく飲むようになった!

我が家にウォーターサーバーを設置して半年がたち、水のおいしさはもちろん、飲む機会も格段に増えました。それまではスーパーなどでペットボトルを箱買いしていたのですが、その手間も省け、計算すると以前よりも安い価格で飲むことができています。

水、そのものを飲むときはペットボトルから水を取り出して飲んでいたのですが、サプリメントや薬などを飲むとき、わざわざ冷蔵庫を開けてミネラルウォーターを取り出し、コップを用意してキャップを開けて飲み、注いだ後キャップを閉め、再度冷蔵庫に入れるという手間が面倒で、ついつい水道をひねって注いでしまうことも少なくありませんでした

しかし、ウォーターサーバーならセルフドリンクのようにコップを向けるだけでミネラルウォーターが出てくるので、ちょっとしたことでも水道の水を飲むことはなくなりました便利になるというのは継続します。手間が増えれば三日坊主になりますが、便利になるのですから逆に手放せなくなっています。

管理人はコーヒーも良く飲むのですが、ポットの水替えを怠れば、それまではやかんを持ち出して沸かしていたのですが、ウォーターサーバーならすぐにお湯が出るのでコーヒーをミネラルウォーターで飲んでいます。ポットに入れるときは水道水でしたが、便利なので今はもっぱらミネラルウォーターコーヒーです。一度使えば手放せないウォーターサーバー!管理人が今、一押しの商品です。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターミネラルを多分に含む水という意味ではありません。その理由にミネラルウォーターには無機塩添加などの調整によって区分されますがミネラル成分の品質規定がありません。ミネラルウォーターに含まれるミネラル程度ではその効果はまったく期待できません。では何のためにミネラルウォーターを飲むのでしょうか?
(参照:水の成分について

大都市圏では水事情が悪く水道水からの水は水源の有機物系の臭い水道配管の錆、さらには消毒のための塩素の臭いトリハロメタンの危険性など、水質に問題があると感じる消費者が増え、自然で有害な不純物を含まないから健康に良いなどの理由で世界的に普及しました。

コンビニやスーパーなどではミネラルウォーターのコーナーだけを見てもかなりの場所を取っていることに驚かされます。それだけミネラルウォーターが支持されているということなのでしょう。生きるうえで絶対に必要な水を真剣に考えることは大切だと思います。ミネラルウォーターの知識を最低限知っておくと便利です。