最低契約期間を確認しよう

ウォーターサーバーのレンタル料金は無料または500円、1000円程度です。ですから気軽に申し込むことができるのですが一つ注意が必要です。

これだけ高性能なウォーターサーバーを無料、または1000円程度で提供できるのには条件があります。それは定期的、継続的に購入してくれればの条件です。

ですから気軽に設置できるウォーターサーバーですが、簡単にこっちの方がよさそうだから業者を変えようとか、もういらなくなったから解約するという訳にはいかないのです。

多くの会社では最低、半年、管理人が知るところでは最長3年間は利用しなくてはならないところもあります。

もしどうしても解約したいとなった場合には5,000円から10,000円程度の途中解約金を支払わなくてはならなくなります。

導入するかどうかは慎重に考えてもらいたいと思います。そして必ず申込時には途中解約金の事も事前に調べておく必要があります。


契約期間に関するキャンセル料

私は現在、2社のウォーターサーバーを利用しています。

皆さんを先行して当サイトで取り上げているウォーターサーバーをすべて実際に試してからお伝えしたいのですが大抵のウォーターサーバーには最低契約期間というものが存在しているため実現できていません。

これはそれぞれのホームページでもあまり目立たなく細かく記載されている為、気づかない可能性もあるので注意が必要です。

数万円するウォーターサーバーを低料金や無料でレンタルできるのは一定期間、天然水ボトルを購入し続けてくれるという条件で可能になっているのです。

多く見受けられるのが2年ですが、3年という企業もありますので必ず探しておきましょう!そしてその契約期間は解約しないということを予測して申し込みするべきです。

だからこそ、たくさんの会社から出ているウォーターサーバーは慎重に選ぶ必要があるのです。

気軽に申し込んでしまったばかりに安くないキャンセル料を支払う羽目にならないように当サイトが様々な項目で比較して間違いないウォーターサーバー選びをお手伝いしています。


各社途中違約金一覧


ウォーターサーバーの苦情

今現在、ウォーターサーバーの普及率は急上昇中です。たくさんの方が気軽にウォーターサーバーを自宅で楽しんでいる事と思います。

しかしウォーターサーバーは水の注文量やサーバーをレンタルする契約商品です。これだけ普及していれば様々な苦情も上ってきています

あなたが間違いないウォーターサーバー選びをするためにどのような苦情が今まであったのかを知って頂きたいと思います。

今後、あなたが同じようなトラブルに巻き込まれないためには、ウォーターサーバ選びをする前に知るべき情報です。

ウォーターサーバーでよくある問題の一つとして水漏れです。すでに物凄い数が普及しているので割合は少ないですが1件や2件ではありません。

もし、その量が多ければ12リットルが一般的な大量の水がこぼれることになります。カビの原因にもなりますし問題は大きいです。

しかし、ウォーターサーバーも機械で完璧な機械など世の中無いのでそれは仕方のない事です。

ただ、それ以上にボトルの設置の仕方による利用者のミスも多いのでその点は気をつけましょう!

ただ、その対応は各社によって大きく異なります。いつまでたっても連絡つかない、電話対応が悪いなど気分をさらに害すような言動をする会社が多々見受けられます。

ウォーターサーバーを取り扱っている会社は大小問わずたくさんあります。価格だけで決めるのはどうかと思います。しっかりとした会社を選ぶ必要があります

サーバー自体の故障もモーターがうるさくなったとか、温度調整がおかしい、水カビが発生しているなども時には起こっているそうです。


また、ウォーターサーバーの命でもある水に問題が発生しクレームになることがあります。

異臭(ビニール臭)がする、おいしくないなど致命的な欠陥を指摘している口コミをよく見ます。衛生管理がしっかりしている会社を選ぶのは必須事項です。

出来るだけトラブルは避けたいものです。トラブル自体もあってはならない事です。

トラブルが少ない業者を選ぶのはもちろん、もしあったとしてもすぐに対応、良心的な対応をしてもらうところを選ぶ必要があります

特に契約期間がついていてキャンセル料も発生することが多い契約商品なだけに申し込みをする際には慎重に検討するべきです。当サイトが間違いないウォーターサーバー選びに一役買えれば幸いです。


ウォーターサーバーを返品

ウォーターサーバーが不要になった、他社のウォーターサーバーに替える際に今使用しているウォーターサーバーはレンタル品なので返却する必要があります

多くのウォーターサーバーはまず、ウォーターサーバー本体を梱包するための資材が送られてきてそれに梱包して返品します。

ダンボールなど箱に入れるタイプやビニールをかぶせるタイプなど業者によって様々です。運送業者がそれらを行ってくれるところもあります。

そうしてサーバー本体を返品が完了してそのウォーターサーバーの契約が終了します。

気になるのはその際にかかる返送料です。決して小さいものではありませんので通常で考えれば送料だけで数千円かかります。

基本的に多くの会社は着払い伝票が同封されていますので返送していますので送料は無料ですが念のため、契約しているサーバーについて調べておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)